木村花の愛猫はどうなった⁈硫化水素の影響は?最後の優しさに涙!ネットの反応は?

テラスハウスに出演していた木村花さんが、2020年5月23日に亡くなりました。

詳細は発表されていませんが、亡くなる直前にSNSによる誹謗中傷に心を痛めていたとの情報があります。

木村花さんのが亡くなったマンションの部屋には、薬剤の容器が落ちており、硫化水素を発生させた袋をかぶって自殺を図ったとみられています。

木村花さんは、最後の投稿で愛猫と一緒に映った画像を投稿しています。

そしてもし死因が硫化水素の場合、ペットの猫の安否が気になります。

木村花さんが愛した猫!どうなったのでしょうか?

木村花の愛猫はどうなった⁈硫化水素の影響は?

2020年5月23日に亡くなった木村花さん。亡くなる直前に愛猫との画像を投稿しています。

愛している、楽しく長生きしてね。ごめんね。

そこには、木村花さんの愛猫に対するたっぷりの愛情を感じます。

木村花さんの死は、本当に心が痛みます。せめて残された愛猫だけでも生きていてほしい。どうなっているのでしょうか?

愛猫はどうなった!木村花さんの部屋にいなかった

木村花さんの愛猫はからあげくんと言います。そして愛猫のからあげくんは生きています。

木村花さんは硫化水素による自殺という疑いで捜査が進んでいるようです。

捜査関係者によると、木村さんは23日午前3時半ごろ、都内の自宅マンションで心肺停止状態で発見され、搬送先の病院で死亡が確認された。玄関のドアには「硫化水素発生中」と書かれた貼り紙があったという。検視の結果、硫化水素中毒死と判明した。木村さんの死亡については、SNS上での中傷が関連しているとの見方が出ている。警視庁は現場の状況などから、木村さんが自ら硫化水素を発生させたとみている。

もし愛猫が木村花さんと同室にいたなら、愛猫“からあげくん”も亡くなってしまいますよね。

実は木村花さんが硫化水素を発生させた時、愛猫からあげくんは部屋にいなかったのです。

愛猫はどうなった!木村花さんが事務所に移動していた

情報によると、木村花さんは愛猫との最後の投稿をした後、自宅マンションの近くにある花さんの事務所「スターダム」の前に愛猫を移動していたのです。

その直後に帰らぬ人となったようだが、残される愛猫の小さな命を気にかけ、自宅近くにある「スターダム」の事務所前まで、かごに入れて運び、仲間たちに託していたのだ。  関係者の話によると、木村花さんが病院に搬送されたのは、その後…。ファンからの「どんな思いで自宅まで歩いて帰ったのか」という、いたたまれない思いも寄せられていた。

最後まで愛猫の心配をしながら、たった一人で自宅マンションまで戻った木村花さん・・・どれ程の気持ちだったのでしょう。

木村花さんのこんな優しさが、どうして誹謗中傷した人たちに伝わらなかったのでしょう。

そんな優しい木村花さんの死。その事実にさえ誹謗中傷する投稿が続いていました。

猫は無事です!

でも亡くなってまで心無い投稿が続いていたと思うと、やりきれません。

木村花の愛猫は保護猫⁈

木村花さんの愛猫は実は保護猫なんです。

保護猫というのは、“捨てられたり迷子になったり”して行き場を失った不運な猫たち。

木村花さんの愛猫は“保護猫の活動をしているひなんちゅ”から譲り受けたも猫だったのです。

この子猫は、先週、生前親交のあったガールズバンド「SILENT SIREN」のメンバー、ひなんちゅから引き取ったばかりの保護猫だったという。  ひなんちゅのブログによると、名前は「からあげくん」で「丸くて茶色くてからあげみたい」と、出会った瞬間に決めたという。

店頭で販売されている猫たちと違って、不運な境遇の猫を飼おうとする木村花さんの心優しい性格。

コスチューム事件で激怒する木村花さんとは、全く違う一面なのです。

保護猫を引き取って、木村花さんが猫を可愛がっている様子を投稿されています。

木村花の愛猫はどうなった⁈最後の優しさにネットの反応は?のまとめ

木村花の愛猫はどうなった⁈硫化水素の影響は?最後の優しさに涙!

5月23日に硫化水素による中毒死で死亡したと報道された木村花さん。亡くなる前に愛猫と一緒の映った画像が投稿され、その愛猫の生死を気に掛ける声がありました。

愛猫は亡くなる直前に木村花さんの手によって事務所に移動され、現在は大切に保護されています。

最後まで猫へ愛情を注いだ優しい木村花さん。

その花さんが誹謗中傷によって亡くなる事になってしまった経緯。

悲しすぎて言葉が見つかりません。

木村花が誹謗中傷から死去までの経緯をわかりやすく時系列でまとめました!