木村花は台本通り?テラスハウスにやらせ疑惑の過去が!ネットの反応は?

テラスハウスに出演中でプロレスラーの木村花さんが5月23日に亡くなりました。

木村花さんの死因は明らかにされていませんが、亡くなる前にネットでの誹謗中傷に心を痛めていたとの情報があります。

その原因になったのが、『テラスハウス』での木村花さんの行動。

これにより、木村花さんは毎日100件に及ぶ誹謗中傷のメールを受け取っていました。

テラスハウスの冒頭では『台本は一切ありません』と・・・

この言葉を信じたい!のですが、過去にはやらせ疑惑もあったようです。

調べてみました。

木村花のコスチューム事件は台本通り?

5月23日に亡くなった木村花さん。テラスハウス『テラスハウス東京2019~2020』に出演中でした。

この番組の第37回と第38回の放送以降に木村花さんへの誹謗中傷投稿殺到するようになりました。

内容は、木村花さんの大切なコスチュームを同番組出演者の快が乾燥機をかけてしまい台無しにしてしまった事が発端でした。

その行動に木村花さんが大激怒しその花さんの態度について誹謗中傷を受ける事になってしまったのです。

ネットでは、木村花さんのこの行動も台本だったのでは?という疑問がわいています。

木村花さんの行動が、台本や演出でなかったとしても、第37回と第38回の放送は木村花さんに悪意の目が向くようなストーリーにも感じます。

制作側に炎上=視聴率のアップ!という事はなかったでしょうか?

いっそ『台本がある!』と言ってくれた方が良かったかもしれません。

台本がない!が前提であるが故、木村花さんは今回の炎上を一人で受け止めなくてはいけなかったのです。

番組に台本はないという“建前”とはいえ、事前に制作側から方向性の指示があり、怒鳴り合うなど激しい感情表現を求められるといった“ヤラセ疑惑”の告発も出演者や関係者から相次いでいる。  出演者のひとりである新野俊幸氏(30)は自身のツイッターで「俺は何も指示されてないよ、忖度なしで。編集にはムカついてたけどな」と、制作側の意図的な編集を示唆。フジテレビは「撮影の都合で事前に協議することはあるが、出演者の意思や感情に沿わないような演出はございません」(企業広報室)という。だが、ヤラセではないとはいえ純粋なリアルではないこともわかる。

台本はなかったかもしれませんが、花さんの一時的な激怒部分をクローズアップしたことは事実。

それによって、視聴者が花さんの性格の一部分を、花さんの性格の全部であるかのように感じたいたのでしょう。

テラスハウスにやらせ疑惑の過去があった!

実はこの『テラスハウス』2014年に“やらせ疑惑”が起こり、一度番組を終了した過去があります。その発端が“週刊文春”などの報道からでした。

週刊文春が『テラスハウスは牢獄』と報道

2014年6月5日の週刊文春では『テラスハウスは牢獄』と報道しました。内容は次の通りです。

  • テラスハウスのディレクターが、メンバーを個別に呼び出し「こういうセリフをいえ」「このメンバーと恋愛関係になれ」と威圧的に指示
  • ギャラは30万~40万だが、スタッフの指示で告白したり、キスをすると手当として5万~10万支払われる。
  • テラスハウス出身の筧美和子さんは、バストをわしづかみされた。

『週刊文春』(6月5日号)では、番組プロデューサーによる出演者へのセクハラやパワハラが横行し、「こんなセリフを言え」「このメンバーと恋愛関係になれ」などと指示されていたと報じられた。フジの亀山千広社長は「演出があってはいけない。そういう意味でテラスハウスはないと断言できる」と疑惑を否定したが、実際に番組出演を打診された23歳の女性タレントはこう打ち明ける。「週に3日ほどテラハにいればいいといわれて驚きました。本当に住んでいるわけじゃないんだなって。それに恋愛に関してスタッフからアドバイスがあるけどそれは言うことを聞くようにって。嘘をつけない私には絶対向かないな~と思って断わりました」

週刊ポストが『放送作家が台本を書いている?』と報道

2014年6月27日号の週刊ポストでは、テラスハウスの放送作家の存在をほのめかす報道をしています。

ある放送作家は「『テラハ』にはストーリーを作る人がいると聞いた」と明かす。「旅や恋愛のドキュメンタリーバラエティーを中心に活躍する放送作家のAさんです。実は、ある番組の会議でAさんと一緒だったんですが、“テラハは全部私が書いている”と言い出した。自慢気でつい言ってしまったようでした。会議は一瞬凍りましたね。Aさんは過去、有名恋愛ドキュメンタリー番組のストーリーも作っていたといわれています」

“やらせ疑惑”があったのは2014年の事。

さすがに同じ間違いを2度繰り返す⁈ことはないと信じたいです。

今回の木村花さんの死亡にかかわる内容に、『テラスハウス』の台本があったとしても、なかったとしても、木村花さんを誹謗中傷から守れなかったことは事実です。

木村花は台本通り?ネットの反応は?

木村花さん、いろいろなしがらみで、たった一人で苦しんでいたのかも。

悲しすぎますね。

木村花は台本通り?テラスハウスにやらせ疑惑の過去が!ネットの反応は?

出演中の木村花さんが亡くなった原因は、ネットによる誹謗中傷の内容。その原因となったのは、出演中のテラスハウスのでの花さんの行動・態度でした。

木村花さんの行動には演出だったのでは?という疑惑を調べてみました。

2014年に一度“やらせ疑惑”で中止になった過去がある『テラスハウス』

同じ間違いを繰り返している?とは考えにくいです。

しかし、“木村花さんを誹謗中傷にさらすことは防げたのでは!”という意見は多くありました。

木村花さん。いろいろな柵の中で、一人でもがいていたのですね。

救う方法はなかったのでしょうか?

木村花が誹謗中傷から死去までの経緯をわかりやすく時系列でまとめました!