【Lisaの年齢はおばさんって何?】出身高校や家族構成を調査!

紅白初出場のLiSAさん。今注目のシンガーです。

今回はLiSAがおばさんと言われている理由を探ってみます。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

LiSA(@xlisa_olivex)がシェアした投稿

 

 

LiSAの年齢がおばさんって何?

LiSAの年齢がおばさんと言われる理由①

LiSAは30代のアニソンシンガー。ギリギリ昭和生まれです。

アニメと言えば小学生や中学生などの10代の子供たちが大好きなジャンル。

そんな平成生まれの子供から見れば、

昭和生まれのLiSAさんは“おばさん”と呼ばれる対象になってしまうのでしょう。

LiSAの年齢がおばさんと言われる理由②

アニメソングを歌う歌手だけあって、LiSAさんの見た目はとてもチャーミングでかわいい。

そのセンスも抜群で30代とは思えないファッション・ヘアアレンジで、真似したい女子が急増!

中でもLiSAのファン、通称「LiSAっ子」を中心に若い

女性に人気が高く、個性的な柄を着こなすLiSAのファッションは「りさふく」と

して注目されています。

実際に2019年紅白歌合戦の出場歌手発表会見の席では

真っ赤なチェックのジャッケットに真っ赤なチュールスカートで出席。

同じ写真に映る紅白初出場の、日向坂46やFoorinのメンバーの中にあっても

全く年齢差を感じないファッションでした。

そんなかわいいLiSAが“まさか30代とは!!”というイメージのギャップが

“おばさん”と言われる理由だと考えられます。

LiSAの年齢はおばさん!?ネットの声は?

では、おばさんと言われるLiSAさんのネットでの声はどうなのでしょう。

ネットでの意見をまとめてみました。

  • 年齢を重ねる事にかわいくなっている。
  • 世界一かっこよくてかわいいおばさんでありお姉さん
  • Mステ初出場の時に、感極まって泣いた姿がかわいかった
  • 日本を代表する30代の美女

 

とファンにとってLiSAさんは、ただのおばさんではなくかっこいいお姉さんという存在です

“女神のようなかわいいお姉さん!”という存在なんです。

 

LiSAさんのプロフィール

本名     織部 里紗(おりべりさ)

生年月日   1987年6月24日生  (紅白初出場時 32歳)

身長     165㎝

血液型    B型

出身地    岐阜県関市

紅白出場時は32歳ということで、歌手としては遅咲きなイメージがあります。

ここまでどんな経歴を歩んで来られたのでしょう。

 

気になる歌手としての経歴

LiSAさんは2010年に、テレビアニメの『Angel Beat!』の作中バンド“Girls Dead Monster”の二代目ボーカルユイ役の歌唱パートに抜擢されデビューを果たします。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

林大樹(@dhfree11)がシェアした投稿

その頃のLiSAさんの年齢は23歳ですので、紅白初出場(2019年)までには10年の経歴があります。

2011年にソロデビュー。

ファーストシングル“oatu sing”がオリコン5位のヒット曲となります。

ちなみに“oatu sing”はテレビアニメ“FateZero”のテーマ曲です。

LiSAさんはアニメソングのフィールドで活躍されている歌手であり、

いわゆる“アニソンシンガー”という事です。

デビューからの10年、テレビへの露出度は少ないですが

アニソンシンガーとしては高い地位を築いています。

10年間の功績は確かで、その実績が紅白初出場とう形で証明されたという事です。

LiSAさんの出身高校や中学

LiSAの出身中学校は実家の近くにある関市桜ケ丘小学校で

高校は岐阜市にある“岐阜県富田高校”です。(偏差値43~55)

“富田かね”が創立した岐阜県の私立高校で

平成7年に女子高から共学高校へ変更となっています。

岐阜地域はまだまだ公立高校志向が圧倒的に高く

第一希望で私立高校を選択する事が少ない点、

実家から高校のある岐阜市まで1時間半も通学時間をかけた事を考えると

 

LiSAさんはあまり勉強がお好きではなかったのではと予想されます。

逆に勉強面でなく、スポーツや音楽など個性を伸ばす校風のようなので

この時代にLiSAさんの土台となる音楽に向かう時間ができたのでしょう。

その後、音楽にのめり込んだLiSAさんは大学進学はしていません。

LiSAさんの家族構成

LiSAさんの家族構成は父・母・祖父・祖母・妹(172㎝という長身)です。

お母さんの影響で3歳からピアノを習ったということからも

教育熱心なお行儀のよいご家庭だと推測します。

実家がある岐阜県関市は、鎌倉時代から受け継がれる刃物の鍛冶屋の町として有名!

LiSAさんの本名が“織部”という由緒正しい姓であることから

家柄が良いご家庭であると思われます。

LiSAのデビューのきっかけ

LiSAさんは幼少期からお母さんんの影響で3歳からピアノを始めます。

その後保育園からミュージカル教室に通い、中学まで歌やダンスを習っていました。

ミュージカル教室という特質な習い事をしていたということから

親さんも音楽に対してかなり教育熱心だったことと、LiSAさんの活発な幼少期が想像できます。

LiSAさんの透き通る力強い声質は、ミュージカル教室で習得した幼少期からものなのでしょう。

その後高校時代にロックバンド“CHUCKY”を結成!

メロディック・ハードコアというジャンルでハードなロック系のバンドです。

担当はもちろんボーカル!

LiSAさんのミュージカル教室で培った才能が初めて開花した時です。

このバンドは地元の岐阜や名古屋だけでなく、大阪でもライブ活動をするほど

でした。

しかし20歳の頃、メンバーの就職や進学でチームは解散・・・・

音楽の道を諦めきれないLiSAは、たった一人で上京を決意します。

上京後は、バンド「PARKING OUT」のメンバーと「Love is Same All」を結成!

 

このバンド名はLiSAのアルファベットからきています。

もともと存在したバンド名を変更してしまうなんて

LiSAさんの才能って本当にすごかったのでしょう。メンバーもLiSAさんに魅了されたのでしょうね。

しかしこのバンド活動は思ったほど上手くはいかず

オーディションを数多く受けましたが、表舞台に立つ事がありませんでした。

結局、LiSAさんが単独で受けた“Girls Dead Monster”の歌唱パートのオーディションに抜擢され

ソロデビューをする事となります。

今まで培ってきたミュージカルやロックの才能が、アニメと融合した瞬間です。

そしてLiSAのソロデビューをきっかけに「Love is Same All」は活動を終了することになります。

バンドのメンバーにとっては嬉しい気持ちでもありますが、

取り残されたような複雑な気持ちもあったでしょう。

こんな紆余曲折を経験し、今では“アニソン界の歌姫”と呼ばれるカリスマ的存在にまで上りつめました。

 

 

LiSAさんについてのまとめ

 

 

LiSAさんは、岐阜県関市出身のアニソンシンガー。

幼い頃から音楽に触れ、バンドとしての活動からソロの道へ。

2019年に紅白歌合戦へ初出場決定!!

 

同じ岐阜県出身のものとして、今後の活躍を期待しています。