【最新】平本蓮の現在はRIZINで完全復活!戦績まとめ

2019年12月29日にさいたまスーパーアリーナでBELLATOR JAPANが行われました

注目選手であるのRAIZINの平本蓮が、第11試合に出場し芦田崇宏と対戦した。

今回はこの平本蓮について調査します

【最新】平本蓮の現在はRIZINで完全復活していた!

2019年12月29日、平本蓮のRAIZINデビュー戦の結果はTKO(2分45秒)KO勝ち!

ファイト時間2分45秒だった。

1Rが始まり、右ハイの平本蓮が詰めてくる芦田崇宏にワンツーを叩きこむ。

さらに平本蓮は右ハイキックで芦田崇宏をぐらつかせると

すかさず右ストレートからケージに詰めて連打。

芦田崇宏は胴回し回転蹴りで逃げるも、平本蓮は立った芦田崇宏にヒザ、さらに右ストレートでダウンを奪う。

立ち上がった芦田崇宏の顔面から出血でドクターチェックが入る。

再開後、平本蓮がローキック、さらにワンツーで2度目のダウンを追加する。

芦田崇宏は逆転を狙って飛びヒザを出すも

平本蓮は冷静に詰めて右を当てると3度目のダウンを奪い試合終了。

圧倒的な強さを見せ平本連がTKO勝利を収めた。

平本蓮のRAIZINで復活劇の始まりだ!!

平本蓮のRAIZIN所属以前のK1戦績まとめ

RAIZINのデビュー戦で復活を果たした平本蓮ですが

以前はK1に所属していました。

2014年のK-1甲子園王者になったのは平本蓮が高校1年生の時!

その後2015年にK-1でプロデビューを果たし

2018年にはゲーオ・ウィラサクレックに日本人として初めてKO勝ちを果たしました。

当時のゲーオ・ウィラサクレックは無類の強さを誇っており

そのゲーオ・ウィラサクレックを倒した平本蓮は“新生K-1の申し子”と呼ばれるようになりました。

平本蓮がK1を離れた理由

そんな平本蓮がK1を離れた理由はファイトマネーと言われている。

K1がテレビ中継全盛期の頃はスポンサーも多く

選手にファイトマネーをたくさん払う事が出来た。

全盛期の魔娑斗さんは1試合5000万だったと言われています。

しかし最近はK1へのスポンサーが少ない事や興行収入の減少で

選手に払うファイトマネーが減少していたと考えられる。

ゲーオ・ウィラサクレックに利してK1優勝候補本命の平本連だったが

2018年9月3日のK-1の記者会見で、第3代K-1 WORLD GPスーパーライト級王者決定トーナメントの出場選手に平本蓮の名前がなかった

平本蓮がRIZINで復活!

そして平本蓮は、1年9カ月の空白期間を経て2019年12月29日RIZINデビューした。

試合後、平本蓮は

「K-1からきました、平本蓮です。まずこの試合を受けてくれた芦田選手ありがとうございました」

と対戦相手への感謝を口にした。

「いろいろあって試合ができない期間があって、一生試合ができないんじゃないかと思ったときもあった」

と感極まった表情で声を震わせた。涙をぬぐいながら

「これからRIZINの看板選手になれるように頑張りたい」

と再出発を誓うと、会場から大きな拍手が巻き起こった。

試合に出られない空白期間はK1からの禊の期間だったのだろうか。

平本蓮の現在!ネットの反応は?

今回の平本蓮の勝利。ネットの反応を見てみましょう。

男してまじでかっけえわ!!です。

平本蓮!RAIZINで完全復活のデビュー戦のまとめ

K1を離れしばらく公の試合ができなかった平本連!!

2019年12月29日、RAIZINでのデビュー戦で涙のKO勝利をおさめた!!

これからのRAIZINの看板選手として快進撃の始まりの予感です