三浦春馬は実の父親(実父)と生き別れ!病室で再会していたって本当⁈

7月18日に自ら命を絶った三浦春馬さん。

30歳という有望な俳優のあまりにも突然の死に日本のみならず世界からも悲しみの声が上がっています。

こんなに素敵で誠実だった三浦春馬さんを亡くしたご両親。

ファンや友人以上の深い悲しいみ、喪失感を感じていると思います。

実は三浦春馬さんの実の父親とは、両親の離婚で幼い頃に生き別れになっています。

本記事では、三浦春馬さんの実の父親について調査しました。

三浦春馬は実の父親(実父)と生き別れていた

三浦春馬さんの幼い頃の画像です。小さい頃から本当に愛らしい男の子ですね。

2匹のハスキー犬、ソファーにかっこよく座っている父親、そしてこの画像を撮っているのは、おそらく母親でしょう。

とても幸せそうな一枚ですね。

三浦春馬さんのイケメン度合いから考えても、実の父親もとても素敵なイケメン男性であったに違いない!

実はこの画像に映る実の父親と三浦春馬さんは、幼い頃に生き別れています。両親が小学生の低学年の時に離婚をしているからです。

三浦春馬さんはとても“パパっ子”だったそう。両親の離婚で父親と会えなくなってしまった三浦春馬さんの悲しみ、寂しさはどれほどのものだったのでしょう。

「離婚する少し前に父親と遊びに来た時があって、『パパ、パパ』って甘えてひっついて歩いていました。

離婚後、三浦春馬さんは母親に引き取られ、実の父親とは20年もの間会っていなかったようです。

三浦春馬の実の父親(実父)の職業はスナック経営者

三浦春馬さんの実の父親はスナックの経営者でした。

幼い頃の三浦春馬さんの自宅には、犬を何匹も飼っていた様子が分かります。

画像に映るハスキー犬は値段が50万くらいします。そんな高価な犬を何匹も飼う事ができる経済事情を想像すると、実の父親は敏腕の経営者だったのかもしれません。

三浦春馬の実の父親はギターがうまかった

三浦春馬さんの父親はギターがうまかったようです。

三浦春馬がギターを始めたのは中学生の頃。会えなくなった父親の影響かもしれません。

ギターを弾きながら父親の事を思い出した事もあったでしょうね。

ある日、春馬ちゃんがギターを弾いている姿をテレビで見て、父親そっくりで泣けてしょうがなかった。

三浦春馬の名前は実の父親の名前だった

三浦春馬さんの母親は、中学生の時に再婚しています。

そのお相手は笹本賢一さん。その為三浦春馬さんの中学卒業アルバムでは笹本春馬となっています。

三浦姓は実の父親の名前だったのですね。

4歳から子役としてデビューしている三浦春馬さん。実の父親の名前をそのままに活動を続けてきました。

三浦姓は父親側の姓なんです。テレビのなかで名乗ってくれていたのは本当にうれしくて、とても感謝しています

継父の笹本賢一さんとの仲も円満だった三浦春馬さんですが、自分の大切なルーツ、大好きだった実父の“三浦姓”を大切にしてきたのでしょう。

三浦春馬は実の父親(実父)と病室で再会していた!

両親の離婚によって生き別れになった実の父親。

三浦春馬さんと実の父親とは20年近く会っていませんでした。

それにはいろいろな気持ちがあったと考えられます。

  • 実の父親は、再婚した家庭を気使い三浦春馬さんと会うのを遠慮した。
  • 有名になった三浦春馬さんに、実父がしゃしゃり出る事を控えた。
  • 三浦春馬さんは、実の母親や継父の笹本賢一さんを思いやり、実父に会うわなかった。

“三浦姓”を大切にしてきた三浦春馬さんと同様に、実の父親も有名になった三浦春馬さんの活躍を嬉しく思っていました。

実の父親は、画面でしか会えない実の息子の作品はほとんど録画して保存をしていたようです。

父親は、春馬ちゃんの作品をほとんど録画して保存していました

大人になって会う事も出来たのに、敢えて合わなかった。

三浦春馬さんも実の父親も、周りや相手に気を遣う“気遣いの人”だったのでしょう。

そんな二人がやっと再会したのは2年前。それは実父の容態が悪くなったことがきっかけでした。

実の父親は心臓を悪くして『最後になるかもしれないから春馬に会いたい』と母親にお願いをしたのです。

この時に、20年ぶりの再会が病室で叶いました。感動の再会が病室とは切ないですが、ふたりはどんなに嬉しかったでしょうね。

2年くらい前に、心臓を悪くして手術をすることになったんです。春馬ちゃんとはずっと会っていなかったんですけど、『最後になるかもしれないから春馬に会いたい』と言ったんです。私から春馬ちゃんの母親にお願いすると、仕事で忙しいにも関わらず、春馬ちゃんが病院に見舞いに来てくれました。

実の息子である三浦春馬さんに会うために、親戚の方が母親経由で連絡を取ったという事実。

携帯電話がある今ですら、三浦春馬さんと実父との間には連絡手段が途絶えていたのでしょうか

 死への願望は、約5年前、実母と絶縁した後、3年ほど前から目覚めたようで、その際には<当時は鬱状態から抜けられなかった。どう死のうかと考えていた>。2018年には、20年ぶりに母と別れていた実父と再会を果たすのだが、その際にはこうつづられている。

<自分は死のうと思っていた。でも、なぜか会ってみようと思った>

<母と離婚した理由を教えてくれた>

<実父との再会が人生を見つめ直し、自分と向き合うきっかけを教えてくれた>……。

三浦春馬さんが実の父親に再会した時には、既に鬱状態だったという情報があります。

この再会によって、人生を見つめ直し自分と向き合うきっかけになったとあります。

三浦春馬さん、実のお父さんにとって、とても重要な大切な再会だったのですね。

三浦春馬は実の父親(実父)を残して亡くなった!

父親の病室に駆けつけた三浦春馬さん。実の父親はその甲斐もあって手術が成功し、三浦春馬さんと食事に行けるほど改善しました。

二人にとっては、本当に貴重な宝物のような時間であったでしょう。

大好きなお酒を酌み交わしながら、ギターや仕事の事を話したのでしょうか。

それなのに・・・・三浦春馬さんの自殺という悲しい出来事。

実の父親の憔悴ぶりは、想像ができない程です。

悲しすぎます・・・・・

病を患う実父の病室に駆けつけ、勇気づけた三浦さん。しかし、自ら命を絶ち、一人で旅立ってしまった。愛息の訃報に、実父は憔悴しきっているという。『俺はどうしたらいいんだろう。春馬に何がしてやれるんだろう』と、憔悴しきっていました。まさかこんな形で別れることになるとは思ってもいなかったでしょうからね。私たちも『今は祈ってあげるしかないよ』としか声をかけられない。

三浦春馬は実の父親(実父)と生き別れ!病室で再会していたって本当⁈のまとめ

2020年7月18日に亡くなった三浦春馬さん。幼い頃に生き別れた実の父親とは、20年もの間、一度も会っていなかったようです。

パパっ子だった三浦春馬さんが実の父親と再会したのは父親の病床。

父親の『最後になるかもしれない』という願いでやっと実現しました。

会えなくても三浦春馬さんの活躍を喜んで応援していた実の父親。

やっと親子の絆を深めることができるとうになった今、三浦春馬さんは亡くなってしましました・・・・

三浦春馬の母・笹本真弓が行方不明?宗教と関係がある⁈